私は先日、東南アジアのほうで留学をしていました。

そのときの経験ですが、もともと日本でエージェントを通して入学許可を取っていたので学費は支払っていました。

学校が寮だったので食事や生活面で大きなお金が日々かかることも特になく、たいして手持ちを持っていくこともしませんでした。

しかし、現地でビザの申請をしたり、教科書を買ったりすることをすっかり忘れていたためお金が多く出てしまいました。

そして、手持ちが教材費の支払いの関係で完全に足りなくなってしまいました。

私は、日本ではもともと社会人だったので入学してから二週間後に給料が入ることになっていました。

しかし、それでは支払いの締切に間に合わなかったので親に事情を説明して海外送金をしてもらいました。

新生銀行の口座を持っていたのでこれを使えば海外送金を簡単にでき、ネットバンクとしても利用できるし、現地でもATMからお金が取り出せることになっていました。

もちろん、現金を現地で両替するよりも手数料がとられてしまうのであまり使いたくなかったのですが、緊急対応として利用しました。

新生銀行のネットバンク利用も初めてだったので実際にうまくできるのか少し不安でしたが、インターネットで口座の残高を確認したらしっかり入っていたので良かったです。

さらに、現地のATMでもちゃんとお金をおろすことができて良かったです。

結局は、家族に助けてもらった形ではありましたが、なんとか解決できて良かったです。

審査の早いカードローン(※)も考えましたが今回は利用せずにすみました。

 ※審査の早いカードローン~即日融資が可能となる条件とは?

実際に一人暮らしだと助けてもらえる人はなかなかいないので、カードローンなどの気軽に借りられるものなら今後利用する可能性もあるかなと思っています。

やはり、支出にはもっともっと敏感になっていかないといけないなと思いました。

 Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


CAPTCHA